2008年1月21日月曜日

PukiWikiが駄目な10の理由

主にHikiと比較しての話。
  1. デフォルトの本文の文字が小さすぎる。

  2. 見出しもリストも3階層までに特に根拠もなく制限されている。

  3. ブロック要素とかインライン要素とか専門用語で溢れる説明文。
    そんな面倒を意識したくないからこそWikiを使うんだと思うんだが。

  4. やや関連するが、プラグインの表記法がブロックとインラインで異なる。
    こういうのは同じにしてプログラムが判定すべき。

  5. インラインプラグインが&で始まるのは設計ミス。
    http://example.com/?hoge&br;
    などはURLの規格上問題ないが、Pukiwiki上では表現できない。

  6. 長文の整形済みテキスト用の表記法がない。
    ソースコードなどをそのまま貼り付けられない。

  7. いわゆるテーブルレイアウトである。
    このため横長の整形済みテキストがあるとページ全体が横長になる。
    table-layout:fixedで応急処置は可能。

  8. Content-Type: text/htmlとしては非推奨の規格であるXHTML 1.1に準拠している。

  9. キャッシュを禁止している。
    「このページの有効期限が切れています」などと毎度表示されるのはお節介だ。

  10. CVS などを用いた効率的な履歴管理に対応していない。

2 件のコメント:

Yuta Kitamura さんのコメント...

1,6,8あたりを中心に割と全面的に同意

Cookieを受け入れないと正常にコメントを投稿できない Blogger も何とかしていただきたいなと思った

ひらの さんのコメント...

CAPTCHAのためにセッション管理したいという意図なんでしょうか。
それだけであれば隠しフォーム要素とか、より汎用的な方策はありそうですねえ。
まあ某2ちゃんねるもCookie許可しないと投稿できないんでしたかね。